HOME


  医 院 案 内

  一 般 医 療

  女 性 医 療

  美      容

  が ん 治 療

  食  養  生

  ウルトラマラソン
    
院長のランニング歴
    
ランナーに必要な
         
医学知識
     急性胃炎
     貧   血
     
体の痛み
     ランナーの食事

    院長の出版書物

  医院の診療日記
体  の  痛  み
シリアスランナーに限らず、ランナーには足腰の痛みや故障はつきもの。特に中高年ランナーは若いランナーに比べて筋肉の柔軟性が落ちているので常に痛みを引きずっている人も多いようです。ラン直後はアイシングをして急性の炎症を取っておきましょう。そして普段からマッサージ、ストレッチングを十分やって慢性の炎症を溜め込まないようにします。こうして日ごろから体のちょっとした痛みのサインに配慮しておけばほとんど克服できます。
レース中の痛みは、痛み止めを服用して克服します。痛み止めはレース中携帯しておけばとっさの予期せぬ痛みにも対応できます。ただし痛み止めは、副作用として胃腸障害があります。副作用予防の意味でも予めH2ブロッカーなどの胃腸薬を服用しておくべきです。

メール小野木医院 千葉県市原市能満1845-37 (地図)  電話0436-75-4049