HOME


  医 院 案 内

  一 般 医 療

  女 性 医 療

  美      容

  が ん 治 療

  食  養  生

  ウルトラマラソン
    
院長のランニング歴
    
ランナーに必要な
         
医学知識
     急性胃炎
     貧   血
     体の痛み
     ランナーの食事

    院長の出版書物

  医院の診療日記
急  性  胃  炎
食欲が全くわかない、吐き気、嘔吐など、胃の症状は距離が長くなればなるほど発生しやすくなります。これは、「飲んだ水であたった」などではなく、当然起こるべくしておこる急性胃炎です。長距離ランの前日から予防的に胃薬を服用することをぜひおすすめします。
「太田胃散」や「キャベジン」程度ではだめです。薬局でも手にはいるものとしてはH2ブロッカーです。各社からさまざまな商品が出されています。もしこれでも効果がないときは量が足りないか、病院で処方される薬のほうが良いでしょう。それでも5%くらいの人は効果が見られないようです。こんなときはプロトンポンプインヒビター(PPI)という系統の薬を飲むのがよいでしょう。商品名でいうとタケプロンとパリエットです。これらの薬は病院でないと手に入りません。
メール小野木医院 千葉県市原市能満1845-37 (地図)  電話0436-75-4049