HOME


  医 院 案 内

  一 般 医 療

  女 性 医 療

  美      容

  が ん 治 療

  食  養  生

  ウルトラマラソン
    
院長のランニング歴
    
ランナーに必要な
         
医学知識
     急性胃炎
     貧   血
     体の痛み
     ランナーの食事

    院長の出版書物

  医院の診療日記
ランナーに必要な医学知識
市民ランナーとはいえランニングは体にかなりの負荷がかかるスポーツです。走る距離が短ければ障害を起こすことは少ないでしょうが、それでも中高年のランニング熱は相当なものなので、練習量が少なくてもさまざまな障害を招く可能性があります。
医学知識をある程度もっていると自分で対処できるものも少なくはありません。ここでは特にウルトラマラソンを想定して起こしやすい障害とその対処法を簡単にまとめてみました。


急 性 胃 炎 貧    血
体 の 痛 み ランナーの食事

2004年4月に刊行予定の
『 あぶないランナー 』 には、さらに詳しくランナーに必要なトラブルシューティングなどを書いています。ウルトラマラソンを走る上で参考になる事が多く書かれていますので参考にしてください。

Mail診療(無料です。)
ランニングとりわけウルトラマラソンに関して知識がない医師が多いようです。相談できる医師がいないランナーの方のMailをお待ちしております。
走歴、月間走行距離、症状発現のいきさつ、どんなことをすると症状悪化するか等、具体的に書いてください。
ランナーMail相談窓口
run@dr-onoki.jp
メール小野木医院 千葉県市原市能満1845-37 (地図)  電話0436-75-4049