HOME


  医 院 案 内

  一 般 医 療

  女 性 医 療

  美      容

  が ん 治 療

  食  養  生
    
食養生の十大基本
    
減塩食の極意
    西式健康法
    
いいことずくめの
       
オーブン料理

  ウルトラマラソン

  医院の診療日記
減 塩 食 の 極 意
「減塩料理は味気ない」とおっしゃるあなたへ、減塩食をおいしくいただくコツを伝授いたしましょう。食材のうまみをいかに引き出すかが料理人の腕の見せ所である。

日本人の平均的食塩摂取量・・・・・・・13g
厚生労働省の薦める1日食塩摂取量・・・10g
WHOの薦める1日食塩摂取量・・・・・・5g
だしこそ料理の命
上手に使い分けてバリエーションを持たす
だしは料理の基本。こぶ、大豆、煮干、かつおなど、用いる食材や季節に合わせて使い分け、毎日の食卓にバリエーションを持る。
水道水は旨みが消えるので避けること。ミネラルウォーターや浄水器の水を使うこと。だしの素や味の素は化学薬品と認識せよ。
油揚げや魚介類など、だしの良く出る食材を用いたり、なめこ、くずなどでとろみをつければ、味噌汁もぐっとおいしくなる。


新鮮な旬の食材を選ぶ
味付けは遠慮し、食材本来の旨みを楽しむべし
魚や野菜などは旬の新鮮なものを選ぶこと。味や香りが生きているので、濃い味付けは必要なし。むしろ食材の旨みを生かすように、味付けは遠慮したほうが良いと心得たい。また、焼いたり蒸したりしすぎないよう、手早く調理することも大切である。

引き立て役を使いこなす
酸味や辛味は減塩食の強い味方
酢、レモン、すだち、ゆずなどの酸味は、うす味料理の引き立て役として最適。わさび、しょうが等の辛味も適度に用いれば食卓のアクセントとなる。しょうが、しそ、三つ葉、ねぎなどの香味野菜も積極的に取り入れ、ごま油、オリーブ油など、独特の風味を持つ植物油を利用するのも効果的です。


食べ方にも工夫
すべての料理を味付けしない
塩味のない料理とある料理を組み合わせて食べる。
たとえば冷奴にしょうゆをかけず、食卓にあるほかの塩味のある料理と一緒に食べる。
メール小野木医院 千葉県市原市能満1845-37 (地図)  電話0436-75-4049