HOME


  医 院 案 内

  一 般 医 療

  女 性 医 療

  美      容

  が ん 治 療

  食  養  生
    
食養生の十大基本
    減塩食の極意
    西式健康法
    
いいことずくめの
       
オーブン料理

  ウルトラマラソン

  医院の診療日記
食 養 生 の 十 大 基 本
1.伝統的な日本食を取り戻しましょう。
近年の生活習慣病とアレルギー性疾患の急増は、食生活の急激な欧米化と関係があります。日本人の体質に合った旧来の和食中心の生活をすること。
2.海藻、ごま、きのこ、大豆を常食としましょう。
ただし、いずれも消化が良くないので良く噛むこと。噛むことは何を食べるかと同等に重要。
3.なるべく未精白のものを食べましょう。
未精白穀類(玄米、胚芽米、ふすま入りパン)
雑穀(あわ、ひえ)、黒砂糖をとること。
4.副食の中心は緑黄食野菜としましょう。
色の濃い野菜を中心に、季節のもので、根物も葉物もたくさん食べること。
5.たんぱく質は魚からとりましょう。
魚介類は週3回程度とり、動物性たんぱく質(肉、乳製品)はたまの楽しみ程度に控える。ダイオキシンのことを考えれば魚介類も控え、小魚中心に食べること。
6.調味料には金かけましょう。
安物調味料は命を縮めます。うす味に慣れて、素材の味を味わうこと。調味料は長期発酵した物を使う良いでしょう。
7.一物全体食
自然は調和。根も葉も皮も骨もすべて食べてバランス良く栄養をとりましょう。
8.加工品、既製品は出来るだけ避けましょう。
加工品はあなたの健康まで考えて食品製造していません。「手軽、安い、味が良い」の甘い言葉につられないようにしましょう。
9.間食をやめましょう。
スナック菓子は一番良くありません。食べるならおにぎり、芋、豆類、ドライフルーツ、果物をとりましょう。
10.一点至上主義に惑わされないようにしましょう。
正しい食事が基本。
邪食(黒い色)に何を足しても邪食(黒い色)は変わらず。
メール小野木医院 千葉県市原市能満1845-37 (地図)  電話0436-75-4049