HOME


    医 院 案 内

    一 般 医 療

    女 性 医 療

    美      容

       フォトフェイシャル
         レーザー治療
           との違いは?
         実際の治療は?
         費用は?
         治療体験記
         よくある質問

    フォトリバイブ
       巻  き  爪
       ボトックス療法
       ヒアルロン酸療法
       ケミカルピーリング
       プラセンタ治療

    が ん 治 療

    食  養  生

    ウルトラマラソン

    医院の診療日記

 
フォトフェイシャル
治 療 体 験 記

私のフォトフェイシャル体験記

小野木医院に決めるまで
 26歳のOLです。仕事柄お客様と接する機会が多く、細かいシミやそばかすをいつも気にかけていました。そんな時、ミニコミ誌の小野木先生のコラム「美と健康のマニフェスト」を大変興味を持って読みました。そして知人から小野木医院であらゆる皮膚のトラブルに効果があるフォトフェイシャル療法をしているという話を聞きました。
 電話で女性がていねいに対応してくれ、一回3万円という良心的な料金(他では1回に5万円から6万円くらいでした)もうれしかったのですが、小野木医院が女性医療の一環として美容を手がけていることが、普通の美容外科に対する敷居の高さを感じていた私に安心感を与えてくれました。
 それでもエステに行くのとは一寸違った緊張を覚えて小野木医院を受診しましたが、病院の外観を見て緊張が解けました。木の板張りのなじみやすい建物だったのです。中に入ると木の太い柱と梁と木の床。「こんな病院始めて!」病院に来た気がしませんでした。
 完全予約制なので他に患者さんはいませんでした。最初にフォトフェイシャル治療方法について看護婦さんから基本的なことの説明がありました。
「最悪肌」の宣告
 先生の診察はいきなりマイクロスコープでの私の肌の拡大像でした。そして先生からの説明は私にとってとてもショッキングでした。私の肌が最悪の荒れ状態だというのです。「えっ、どうして!あんなに一生懸命お肌の手入れをしていたのに・・・。化粧品だって私の肌にあったものを美容部員の方に選んでもらっているのに・・・。もしかしてこの医者ヤブ?」でも先生の「女性の約半分があなたと同じくらいに荒れています。まともな人はほとんどいませんよ」と言う言葉に少し救われました。「でもどうしてそんなに荒れているのかしら」私の顔にそういう表情が読み取れたのか、先生はその原因について実に丁寧に説明してくれました。要はクレンジングや洗顔フォームなどでごしごしやっていると肌はガサガサになり(女性の肌はそんなに丈夫じゃないらしい)、そこに化粧水なんかで無理やり水を与えて潤ったなんて錯覚しているのだとか。洗顔方法について先生は「純石鹸を使ってそっと包むような洗顔をするように。洗顔後は薄くワセリンかオリーブオイルを塗るだけで肌はよみがえりますよ」といわれました。なるほど言われてみれば納得、ポロッ(目からうろこが落ちた音)「しかしじゃあ今までのやり方は何だったのよ。周りの人たちはみんな同じような洗顔をしているし、化粧品を買う時だって化粧品や汚れをよく落とすようにって言われたわ」
 先生の話だと、化粧品会社は「使いやすい」「使用感がよい」「使った直後の気持ちよさ」という視点でしか化粧品を作っていないらしく、長期に使ってその人の肌がどうなるかなんて一向に気にしていないというのだ。だから肌に害のある合成界面活性剤(台所用洗剤と同じ成分)を大量に使っているのだそうだ。その他防腐剤やタール系の色素、香料なんかも肌の中に染み込んでしまってシミや赤ら顔の原因になるというのだ。「なんとお肌のためだと思っていた化粧品が、かえって肌をいためていたなんて!!化粧品会社め!金返せ」
いよいよ本番
 気持ちを取り直してこれからが本番です。治療はベッドに横になって行います。レーザーから目を保護するためのものを目の上に置かれました。私はやっている間ずっと目をつぶっていました。冷たいジェルをつけたレーザーがでる機械の先(プローブ)を顔におきます。先生が「じゃあ始めます」と声をかけてきた瞬間、首の当たりで「パチッ」という感覚を感じました。それは我慢できないほどの痛さではなく、ほんの一瞬の出来事なのであまり苦にはなりませんでしたが、額や鼻の下はちょっと痛みが強く感じられました。また目の周りは目をつぶっていても強い光を感じ緊張しました。顔全体を治療するのに大体10分から20分くらいかかりました。「思っていたより簡単に終わったな」という印象です。
治療が終わって
 治療の後洗顔してジェルを落とします。冷却用のフェイスマスクでしばらくの間顔を冷やしました。(メラニン色素以外の部分への影響を最小限にするためだそうです)とにかく無事に治療が終わってほっとしたのとフェイスマスクの冷たさが気持ちよかったので、この間は至福のひと時でした。ついでにといっては何ですが、顔の冷却中マッサージベットでマッサージを受け、ついついうとうとしてしまいました。
 治療の後は肌が弱い状態なのでしばらくの間直射日光を浴びないようUVケアをするよう言われました。
 帰りに小野木医院で扱っている化粧品を買い求めました。ジェノアという会社のもので、極力肌に害のあるものを入れていないものだそうで、「多少使い心地は悪いけれど長く使っていても安心ですよ」の言葉に飛びつきました。
効果てきめん
 フォトフェイシャルの効果は、翌日にありました。鏡で顔を見たときにゴマ団子のゴマのようなものがついていたのです。メラニン色素が黒く凝集して浮いてきていたのでした。こすってみると色素が取れるところとそうでないところがありました。帰宅後お化粧をとり皮膚をみてみると、濃いシミやほくろの周囲が1ミリくらいずつ小さくなっていました。小さくなったシミは全体的にかさぶたのように皮膚から浮きつつありましたが、すぐにとれる様子はありませんでした。それ以外にも小さいシミやそばかすがあったところの色素も同じように浮いてきて3日目までにはボロボロ落ちてきました。
私からのお勧め
 半信半疑でトライしてみたフォトフェイシャルでしたが、予想以上に肌への負担がなく、私には効果抜群の結果となりました。(先生の話によると、個人によって効果はさまざまだそうです。私の場合シミやソバカスがたくさんあり、皮膚の色も地黒ではなかったのがよい結果を生んだのかもしれませんね)
 フォトフェイシャルの効果には大満足。私には特に効果があったのかもしれないので今後も続けていこうかと思っているところです。それと洗顔、化粧品の知識を増やして新たなシミを作らないようにしようと思います。みんなも同じような効果が出るかはわからないけれど、洗顔方法や化粧品の話を聞くだけでも「今まで自分がいかに何も知らずに人に言われるがまま、コマーシャルに載せられて商品を選んでいたか自覚するいい機会だと思います。今まで効果のない高い化粧品につぎ込んだお金を考えると、フォトフェイシャルが高いとは思えません。
フォトフェイシャル体験記を募集しております。
体験記を書いてくださった方には粗品を差し上げます。
メール小野木医院 千葉県市原市能満1845-37 (地図)  電話0436-75-4049